トップページ

    このサイトでは故障車買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「故障車の買取相場を検索して高く買い取りをしてくれる買取店に売却したい」ということを考えているならこのページで紹介しているおすすめの車買取店でリサーチしてみてください。

    故障車を高く売るために外せないのが「複数の車買取業者で査定の依頼をする」です。1社の車買取店だけとか家の近くにあるディーラーで下取りをお願いしようと思っているなら確実に損をするので気を付けてください。

    中古車の一括査定なら入力も2~3分で終わるのでとてもシンプルです。いくつかの車買取専門店からの査定額を比較することができるので、故障車の買取価格の相場を調べる手間が省けます。
    カーネクスト

     カーネクストは、これまでに事故車や廃車、故障車を専門に買い取ってきた実績のある中古車買取業者です。
    自動車パーツの再利用や海外への輸出、資源としてのリユースなど数多くのノウハウを持っている為、一般的な中古車買取業者や近くのディーラーで「この車の買取はできません。廃車として処分をするなら廃車手続きの費用がかかります。」と断られてしまった車でも買取査定が可能です。

    その他にも、一般的な車買取業者ではあまりいい顔をされない10年落ちや15年落ちの中古車、走行距離が10万キロを超えてしまっている過走行車(多走行車)なども海外に輸出して販売することができるので買取査定が可能です。

    もちろん、全国対応で利用は無料。エンジンがかからない故障車のレッカー代も無料です。

    「廃車として処分しなくても故障車を売れるなら…」と感じている場合は故障車の買取査定を依頼してみてください。今なら査定額に1万円上乗せされるキャンペーンもやっています。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前から分かるように廃車買取の専門業者。
    「廃車寸前の故障車でも買い取ってくれる業者ってあるの?」、「事故で故障してしまった車でも廃車処分じゃなくて売れるの?」という場合は故障車の買取査定を依頼してみてください。

    近所のディーラーで「買取価格は0円ですね。廃車として処分しますか?」と言われてしまったり、中古車の買取業者にお願いしてもゼロ円査定をされてしまった車でも廃車ひきとり110番であれば車をリサイクルして活用する販路があるので、多くの故障車や廃車に買取価格が付きます。

    都心だけでなく、地方にも対応していてレッカー代や引き取り料も無料です。まずは一度、故障車の査定に利用してみてはいかがでしょうか。各種税金や自賠責保険の還付金にも対応していますよ。
    ちなみに、水没車や不動車、事故車などにも対応しています。






    カービュー

     カービューは、大手企業ヤフーの100%子会社で事故車の買取相場が分かる一括査定サイト。
    「事故って故障がひどいからもう廃車処分するしかないか…」とか、「水害にあって故障車になってしまった…」というような廃車寸前の車でも買取査定の依頼ができます。

    提携している加盟店は20社を超えて全国にネットワークがありますし、最大で8社に事故車や故障車の査定依頼が可能です。
    一括査定サイトであれば故障車の買取査定に必要な入力は2~3分で終わるくらい簡単ですし、同時にいくつもの廃車・故障車の買取専門店が出してくれた査定額を比較することができます。

    1社だけではなく、相見積もりを取ることで故障車を高く売ることができますので一度利用してみることをおすすめします。累計利用者数は400万人を突破している人気のサイトなので安心して利用できますよ。






    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための無料の一括査定サービス。中古車のことならカーセンサーという人もいるくらい知られているので安心感が違います。
    登録業者も約1000社と圧倒的ナンバー1!最大50社まで故障車の買取査定をしてもらえます。

    中古車の一括査定サイトは使うと多くの買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がかかってこないので安心です。
    当然ですが、全国に対応していて無料。

    「故障車を高く売りたいから買取相場を知りたいけど、営業電話は受けたくない…」という場合はメールのやりとりで概算価格を伝えてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように外車を専門とした中古車の買取業者。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間取扱台数は輸入車のみで1500台。地方にも対応していて出張査定の費用はかかりません。

    外車王は輸入車や外車に特化した輸入車の買取専門業者なので、輸入車の故障車なら他の買取店より高額買取が実現することも多いです。
    そういったこともあるので、輸入車の故障車であれば最初にランキング上位の車買取一括査定サービスを活用して買取査定額をチェックしてみてください。

    いくつかの買取専門業者に査定をしてもらった後で、一番最後に外車王に査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高い査定額を出してくれた時にはあなたが大切に乗ってきた愛車を売却しましょう。







    一軒一軒実際の店舗に見積もりに行かなくても、同時に複数の会社の査定金額を比較したり検討したり出来るのが、中古車の一括査定サイトです。

    スピーディーに査定できるので、時間が一気に節約可能です。

    でも、見積もりの依頼を一度に多くの店舗に依頼しているので、仕方ないと言えばそれまでですが、数ある会社から電話が矢継ぎ早にかかってくる事になるでしょう。

    買取業者からの電話攻勢に強いストレスを感じるようになったり、何度も何度も電話をかけてくる業者が存在するデメリットもあることを承知した上で利用すべきでしょう。

    車を買い取ってもらう際に起きる恐れのあるトラブルは何個かあるでしょうが、それらの中には非常に悪質と言えるケースも存在するのです。

    見積もりを出してもらってその車の引き取りが完了した後になって、もう一度確認したら不備があったなどと実際の買取金額は随分低くなってしまったケースも多いのです。

    最も悪質と思われる業者の場合は、手元から車だけなくなって、料金が入らない場合だって存在するのです。

    このような事案に自分が遭遇してしまったら、泣き寝入りせずに直ちに消費者生活センターなどに行ってください。

    もちろん程度問題ですが、煙草の臭いが車内からするときにはマイナス査定になります。

    過去に喫煙したであろう車は、タバコを吸わないユーザーには売ることは至難の業だからです。

    車の中に残っているタバコの臭いの原因は、車の中のどこかに残っているヤニ汚れのはずです。

    買い取りに出す前に徹底的に車内をキレイにすることで、少なからずタバコの臭いを消すことが可能になるでしょう。

    実用品ですから仕方がないとはいえ、ボディの擦り傷やへこみ等も中古車の売却査定の際に確認される部分です。

    あからさまに分かるキズはマイナス点となり見積額に響いてきますが、普通に走っていていつのまにかついているような小さな傷でしたら、所有者が心配するほど査定額に響くことはありません。

    査定前には僅かなキズでも気になるかもしれませんが、修理に出したところで修理費の出費は大きく、いくらか査定額が増えたところでペイできる可能性は極めて少数でしょう。

    車の修理費は個人と法人(買取業者)で大きく違いますから、個人で高い修理費を払うよりそのまま買取に出したほうがトクなのです。

    ネットの車売却一括見積りサイトを利用して車を売ろうとすると、登録後に登録している会社からどんどん電話がくるはずです。

    実車を見ないと確実な査定額は出せないので、車を見に行きたい(家に来たい)というのが主旨です。

    どんなにこちらの事情を説明しても電話を繰り返しかけてくる業者さんもあるようですし、不快に感じたら他社にお任せしましたと言うのが効くみたいです。

    さもなければ電話連絡以外の選択肢(メールなど)のある一括査定サービスを利用するのも手です。

    一般に海外の車というと国産車に比べて、中古車市場に出す際は値段が落ちやすいと言われています。

    外国製の車は国内での流通量が日本車とは比較にならないほど少数で、市場価値の判断がつきにくく、買取業者としても値付けが難しいからです。

    それでも処分したいと思うのであれば、なるべく多くの業者の査定額を集めて検討するのが有効です。

    中古車買取りでは無料一括査定サイトがいくつもありますので、上手に使うと極めて短時間のうちに何十社もの査定額を知ることができます。

    自分で所有する車を売ろうとするときには、車庫証明の書類はとくに必要とされません。

    しかしながら、新たに買った自動車に対しては、自動車保管場所を指定して、車庫証明書を取得する必要性があるのです。

    車庫証明に関して言えば、購入店側で代行してくれる場合が多いでしょうが、個人が車庫証明を取得に行ってもOKです。

    少々手間がかかるとはいえ中古車販売店に支払う手数料分が節約可能になるので、自分自身で車庫証明書を取りに行くのも良いかも知れません。

    車庫証明の手続きの際には、過去に所有していた自動車をどうしたか説明しなければいけないので、必要書類として自動車の売買契約書があります。

    ローンの返済が残っている状態であろうと、売却する方法がないわけではありません。

    それは車検証の所有者として書かれている名前が売主本人である必要があります。

    車検証を確認して、まだ名義がローン会社になっている時は、ローンを返し終わるまでは車の所有権は本人にはありません。

    ですから、完済して自分名義にしてからでないと売却はできません。

    ただ、ローン会社の許可さえあれば、査定額(売却額)でローンを返済するという形であれば売れないことはありません。

    中古車買取会社から営業電話がたくさんかかってきて辛い思いをするかも知れませんが、一度に何店舗かの業者に見積もりを出してもらうことは車を高額で売るためには必要なことです。

    査定相場が不明だと買取業者の提示額に頷くしかできませんし、多くの業者に見積もりをしてもらうのが相場を知る近道でしょう。

    すぐに決めてくれれば高く買取いたします、などの営業文句に惑わされて急いで売却するのは賢明ではありません。

    大きな交渉事は焦らないことが、高く買い取ってもらう秘訣と言えるでしょうね。