トップページ

    このサイトでは故障車買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「故障車の買取相場を検索して高く買い取りをしてくれる買取店に売却したい」ということを考えているならこのページで紹介しているおすすめの車買取店でリサーチしてみてください。

    故障車を高く売るために外せないのが「複数の車買取業者で査定の依頼をする」です。1社の車買取店だけとか家の近くにあるディーラーで下取りをお願いしようと思っているなら確実に損をするので気を付けてください。

    中古車の一括査定なら入力も2~3分で終わるのでとてもシンプルです。いくつかの車買取専門店からの査定額を比較することができるので、故障車の買取価格の相場を調べる手間が省けます。
    カーネクスト

     カーネクストは、これまでに事故車や廃車、故障車を専門に買い取ってきた実績のある中古車買取業者です。
    自動車パーツの再利用や海外への輸出、資源としてのリユースなど数多くのノウハウを持っている為、一般的な中古車買取業者や近くのディーラーで「この車の買取はできません。廃車として処分をするなら廃車手続きの費用がかかります。」と断られてしまった車でも買取査定が可能です。

    その他にも、一般的な車買取業者ではあまりいい顔をされない10年落ちや15年落ちの中古車、走行距離が10万キロを超えてしまっている過走行車(多走行車)なども海外に輸出して販売することができるので買取査定が可能です。

    もちろん、全国対応で利用は無料。エンジンがかからない故障車のレッカー代も無料です。

    「廃車として処分しなくても故障車を売れるなら…」と感じている場合は故障車の買取査定を依頼してみてください。今なら査定額に1万円上乗せされるキャンペーンもやっています。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前から分かるように廃車買取の専門業者。
    「廃車寸前の故障車でも買い取ってくれる業者ってあるの?」、「事故で故障してしまった車でも廃車処分じゃなくて売れるの?」という場合は故障車の買取査定を依頼してみてください。

    近所のディーラーで「買取価格は0円ですね。廃車として処分しますか?」と言われてしまったり、中古車の買取業者にお願いしてもゼロ円査定をされてしまった車でも廃車ひきとり110番であれば車をリサイクルして活用する販路があるので、多くの故障車や廃車に買取価格が付きます。

    都心だけでなく、地方にも対応していてレッカー代や引き取り料も無料です。まずは一度、故障車の査定に利用してみてはいかがでしょうか。各種税金や自賠責保険の還付金にも対応していますよ。
    ちなみに、水没車や不動車、事故車などにも対応しています。






    カービュー

     カービューは、大手企業ヤフーの100%子会社で事故車の買取相場が分かる一括査定サイト。
    「事故って故障がひどいからもう廃車処分するしかないか…」とか、「水害にあって故障車になってしまった…」というような廃車寸前の車でも買取査定の依頼ができます。

    提携している加盟店は20社を超えて全国にネットワークがありますし、最大で8社に事故車や故障車の査定依頼が可能です。
    一括査定サイトであれば故障車の買取査定に必要な入力は2~3分で終わるくらい簡単ですし、同時にいくつもの廃車・故障車の買取専門店が出してくれた査定額を比較することができます。

    1社だけではなく、相見積もりを取ることで故障車を高く売ることができますので一度利用してみることをおすすめします。累計利用者数は400万人を突破している人気のサイトなので安心して利用できますよ。






    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための無料の一括査定サービス。中古車のことならカーセンサーという人もいるくらい知られているので安心感が違います。
    登録業者も約1000社と圧倒的ナンバー1!最大50社まで故障車の買取査定をしてもらえます。

    中古車の一括査定サイトは使うと多くの買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がかかってこないので安心です。
    当然ですが、全国に対応していて無料。

    「故障車を高く売りたいから買取相場を知りたいけど、営業電話は受けたくない…」という場合はメールのやりとりで概算価格を伝えてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように外車を専門とした中古車の買取業者。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間取扱台数は輸入車のみで1500台。地方にも対応していて出張査定の費用はかかりません。

    外車王は輸入車や外車に特化した輸入車の買取専門業者なので、輸入車の故障車なら他の買取店より高額買取が実現することも多いです。
    そういったこともあるので、輸入車の故障車であれば最初にランキング上位の車買取一括査定サービスを活用して買取査定額をチェックしてみてください。

    いくつかの買取専門業者に査定をしてもらった後で、一番最後に外車王に査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高い査定額を出してくれた時にはあなたが大切に乗ってきた愛車を売却しましょう。







    インターネット上の無料中古車一括査定サイトを利用するときに短所になることと言ったら、利用した査定サイトに登録している中古車販売店から一度に電話攻勢が始まることでしょう。

    最初のステップとして自分でサイトを活用しているので、仕方ないと言ってしまえばそれまでですが、とても迷惑に感じるときには、現実的に売却予定が立っていなくても「もう手元に車はありません」と言うのが結局一番上手な電話攻勢の回避方法だと言えます。

    知っておいて損はないでしょうが、中古車買取の市場においては、大手の買取会社と小中規模の買取店舗では車を見積もるときの姿勢に違いがあるということです。

    自前の販売ルートが確保できている大手の企業の場合は、同時に資金力も豊富ですから、積極的に買取を行っていきます。

    他方、社で決められた基準の範囲内でしか買取価格を上下することができず、提示された価格に対して交渉できる可能性はあまりありません。

    大企業に対して小中規模の業者は、一件一件オークション方式で販売することが多いため、関与した査定士によるところが大きく、高く売れるだろうと思ってくれれば査定価格が上昇する可能性が大きいかもしれません。

    多くの買取業者に査定をお願いする事を「相見積もり」と呼んでいます。

    相見積もりをどんな時にでも可能なようにしたのが、インターネット上の中古車一括査定サイトです。

    それ以外にも、相見積もりの意味はあって、同日同時刻に多くの査定スタッフに現実的に車を見積もってもらい、総合的な見積金額を表示してもらうという意味も含まれています。

    買取販売店の中には相見積もりをしたがらないところもありますが、たいていは了承してもらえるでしょう。

    個人レベルでどれだけ頑張ろうと、車の扱いに長けた査定士からすると買取対象車の修復歴や事故歴は隠しおおせるものではありません。

    修理歴等を偽って深刻する行為は信頼関係を破綻させる原因として充分ですし、査定額アップの交渉なんてもってのほかでしょう。

    そして査定で申告対象となるような車の状態を隠蔽するのは不動産屋が事故物件を偽るのと同様、告知義務違反という扱いになり、事実が明るみに出た時点で全額返金を求められることもあり得るのです。

    こうしたトラブルを避けるため契約書の記載でも告知義務違反に関する項目は必ずあるはずです。

    買い替えや処分などで車を手放す際に考えられる選択肢は、カーディーラーに下取りに出す方法と、中古車屋への売却でしょう。

    売りに出すなら出来るだけ多くの買取店舗から相見積りをとることで契約をめぐって競争せざるを得ない状況を作り、下取りに比べ利益を得やすいというメリットがあります。

    その一方、下取りはというと、どことも競う必要がないため、高額な金額はつきにくいです。

    ただ、一箇所ですべての手続きが終わるという利点もあります。

    一概にどちらが良いかは言えません。

    使い込んでスリップサインが出ているような状態であろうと、査定のためにタイヤを交換するのは意味のないことです。

    どんな高級車であろうとタイヤ部分は消耗品です。

    それに、売却後に業者のほうで今の流行に合ったタイヤにつけなおして売るのが極めて普通に行われているからです。

    タイヤの状態の悪さはたしかに減点対象ですが、買取額への影響はないわけではありませんが、非常に僅かなものです。

    所有者の方でタイヤ交換をしたところで、むしろ損ということになります。

    愛車を売却しようとするときには、必要書類の中に車庫証明は入っていません。

    中古車売却の際には必要なくても、新規に購入した自動車に対しては、きちんと自動車を保管する場所を届け出る車庫証明書が必要になってきます。

    これは販売店側で代行サービスを行うケースが多いですが、個人が車庫証明を取得に行ってもOKです。

    初めてのことでしょうから面倒と言えばそれまでですが、手数料の節約になるため、挑戦しても良いのではないでしょうか。

    個人で手続きする際には、以前乗っていた車の行く先を説明する必要があるため、必要書類としては売買契約書が挙げられるでしょう。

    親友などに愛車を買い取ってもらう場合には、代金の支払いなどの約束事が曖昧になりやすいですね。

    車売却はそもそも大きな金額が動く行為です。

    親密な間柄のこととは言え、いつまでに名義変更をしてもらうかや、車をいくらで売るか、お金をいつまでにどのように支払ってもらうかなど、大切な事柄に関してはしっかり念書に残して双方で保管するなどしましょう。

    口頭で軽く言い残すだけの人とは、後からトラブルに発展してしまう危険性があるので、簡単に売買するのは避けた方が賢い選択ですね。

    自分の車を買取会社に買い取ってもらうのと、ディーラーに下取りしてもらうののどちらが良いかは、あなたが何を優先するかによってどちらが良いかが変わります。

    とにかく簡単に手続きを済ませてしまいたいのならば、勧めたいのはディーラーへの下取りに出す方法です。

    今までの車を手放して新しく車を買うことが同時に出来てしまうので、楽チンですよね。

    手続きが楽なのを優先するのではなくて、1円でも高く車を売りたいのならば中古車買取会社に査定をお願いする方が良いですね。

    一社ではなく、たくさんの会社で査定してもらうことで、査定額を上げることも可能になります。