トップページ

    このサイトでは故障車買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「故障車の買取相場を検索して高く買い取りをしてくれる買取店に売却したい」ということを考えているならこのページで紹介しているおすすめの車買取店でリサーチしてみてください。

    故障車を高く売るために外せないのが「複数の車買取業者で査定の依頼をする」です。1社の車買取店だけとか家の近くにあるディーラーで下取りをお願いしようと思っているなら確実に損をするので気を付けてください。

    中古車の一括査定なら入力も2~3分で終わるのでとてもシンプルです。いくつかの車買取専門店からの査定額を比較することができるので、故障車の買取価格の相場を調べる手間が省けます。
    カーネクスト

     カーネクストは、これまでに事故車や廃車、故障車を専門に買い取ってきた実績のある中古車買取業者です。
    自動車パーツの再利用や海外への輸出、資源としてのリユースなど数多くのノウハウを持っている為、一般的な中古車買取業者や近くのディーラーで「この車の買取はできません。廃車として処分をするなら廃車手続きの費用がかかります。」と断られてしまった車でも買取査定が可能です。

    その他にも、一般的な車買取業者ではあまりいい顔をされない10年落ちや15年落ちの中古車、走行距離が10万キロを超えてしまっている過走行車(多走行車)なども海外に輸出して販売することができるので買取査定が可能です。

    もちろん、全国対応で利用は無料。エンジンがかからない故障車のレッカー代も無料です。

    「廃車として処分しなくても故障車を売れるなら…」と感じている場合は故障車の買取査定を依頼してみてください。今なら査定額に1万円上乗せされるキャンペーンもやっています。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前から分かるように廃車買取の専門業者。
    「廃車寸前の故障車でも買い取ってくれる業者ってあるの?」、「事故で故障してしまった車でも廃車処分じゃなくて売れるの?」という場合は故障車の買取査定を依頼してみてください。

    近所のディーラーで「買取価格は0円ですね。廃車として処分しますか?」と言われてしまったり、中古車の買取業者にお願いしてもゼロ円査定をされてしまった車でも廃車ひきとり110番であれば車をリサイクルして活用する販路があるので、多くの故障車や廃車に買取価格が付きます。

    都心だけでなく、地方にも対応していてレッカー代や引き取り料も無料です。まずは一度、故障車の査定に利用してみてはいかがでしょうか。各種税金や自賠責保険の還付金にも対応していますよ。
    ちなみに、水没車や不動車、事故車などにも対応しています。






    カービュー

     カービューは、大手企業ヤフーの100%子会社で事故車の買取相場が分かる一括査定サイト。
    「事故って故障がひどいからもう廃車処分するしかないか…」とか、「水害にあって故障車になってしまった…」というような廃車寸前の車でも買取査定の依頼ができます。

    提携している加盟店は20社を超えて全国にネットワークがありますし、最大で8社に事故車や故障車の査定依頼が可能です。
    一括査定サイトであれば故障車の買取査定に必要な入力は2~3分で終わるくらい簡単ですし、同時にいくつもの廃車・故障車の買取専門店が出してくれた査定額を比較することができます。

    1社だけではなく、相見積もりを取ることで故障車を高く売ることができますので一度利用してみることをおすすめします。累計利用者数は400万人を突破している人気のサイトなので安心して利用できますよ。






    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための無料の一括査定サービス。中古車のことならカーセンサーという人もいるくらい知られているので安心感が違います。
    登録業者も約1000社と圧倒的ナンバー1!最大50社まで故障車の買取査定をしてもらえます。

    中古車の一括査定サイトは使うと多くの買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がかかってこないので安心です。
    当然ですが、全国に対応していて無料。

    「故障車を高く売りたいから買取相場を知りたいけど、営業電話は受けたくない…」という場合はメールのやりとりで概算価格を伝えてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように外車を専門とした中古車の買取業者。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間取扱台数は輸入車のみで1500台。地方にも対応していて出張査定の費用はかかりません。

    外車王は輸入車や外車に特化した輸入車の買取専門業者なので、輸入車の故障車なら他の買取店より高額買取が実現することも多いです。
    そういったこともあるので、輸入車の故障車であれば最初にランキング上位の車買取一括査定サービスを活用して買取査定額をチェックしてみてください。

    いくつかの買取専門業者に査定をしてもらった後で、一番最後に外車王に査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高い査定額を出してくれた時にはあなたが大切に乗ってきた愛車を売却しましょう。







    近頃、中古車販売の大手において通常のユーザー向けの中古車査定アプリを出しています。

    でも、プロ仕様の中古車査定支援アプリも存在します。

    まだ少ししか中古車の見積もりを出した経験がない人でも査定が簡単に出来るようにするためのアプリケーションです。

    専用の機械とプロ用に開発されたアプリケーションを一緒に使えば、査定しようとしている車の査定以前に何か理由があって修理に出したことがあるかを一発でハッキリする機能が存在するケースが大半ですから凄いですよね。

    自分の足で実際にお店に行くことをしないで、たくさんの買取店の査定額を比べることが可能なのが、インターネットを利用した一括査定サイトの利点です。

    ネット環境が整っていれば、簡単に誰でも時間の節約が可能です。

    ただし、査定の申し込みを多数の企業にお願いしているから、致し方ない面もあるのですが、多くの業者から次々電話連絡が来ることになるでしょう。

    業者からの電話にほとほと嫌気が差したり、しつこく売ることを迫る店舗もあるデメリットがあることを知った上で賢く利用する事が必要でしょう。

    中古車の査定は少しでもアップさせたいものです。

    それならば、買取専門店に持って行く前に出来るだけ自分で掃除しておくことです。

    修理してもらった痕跡は消せませんし、また事故歴も抹消不可能で、ちょっと見ればすぐに分かってしまいます。

    一方、嫌な臭いだったり、汚れたシートやカーペットなどはセルフメンテである程度は消すことが出来るでしょう。

    それから、車中は禁煙にすることがもはや常識のようなところがあるので、タバコ臭が残留しているとそれだけで査定が低くなるので、できるだけ除去しておくようにしましょう。

    個人所有の車を手放すにあたり選択できる手段は、ディーラーによる下取りか、中古車買取業者への売却です。

    手間はかかるものの売却ではたくさんの買取業者から査定してもらい金額を競わせ、高い買取額を狙うというのもありです。

    ではディーラーによる下取りはどうかというと、競合する相手がいませんから競争による高値買取りのようなものは期待できません。

    そのかわり一度の手間で売却と購入ができてしまうのでこれほど簡単なことはありません。

    状況に応じて選ぶと良いでしょう。

    ある程度を超えて走行した車というものは、中古車として売る際も減点して査定されると思って間違いありません。

    減点の目安としては、多走行車と言われ始めるのが5万キロ以上で、さらにその上をいく過走行車は走行キロ数10万以上で、価格がつかないこともあります。

    かといって車の価値がゼロ円だのといったことではないので安心してください。

    過(多)走行車や事故車などを扱う専門業者でしたら、使用可能な部位ごとに価格を算出していき、相応の値段をつけて引き取ってくれます。

    天気の悪い日(曇天や雨天)の査定では、査定対象となる車のヘコミや傷が目立たなくなるため、マイナス点がつかない分、高額査定が見込めるなどと言われますが、実績を積んだプロが見落とす可能性は低く、逆に天候に左右されない査定を身に着けている可能性は高いです。

    また、よく手入れされた車両というのは晴天ではさらに美しく見えます。

    お天気次第でこちらが絶対有利なんてものはないですし、雨天査定は有利といった都市伝説に振り回されるよりは、査定前に埃を払っておくほうがよほど効果的です。

    もう既に支払い済みの自動車税が残りの月数分返却される事があり、これは一般的な普通自動車を売らずにそのまま廃車にしてしまったときには還付されます。

    反対に軽自動車に関しては、自動車税が月割で返金されることはないのです。

    しかし、自動車税を支払ったばかりで残りの期間が相当月ある場合などは、残っている税金分を査定額アップという形で買い取ってくれることもあります。

    しかしながら、自動車税のことについていちいち説明してくれるとは限りません。

    特に税金分がたくさん残っている場合には、必ず契約前に質問しておきましょう。

    個人で所有する車を手放す時に、買取業者に売却するのではなくて、個人同士で売り買いするというケースもあります。

    中間業者が介在しない分だけ、双方が得するように売り買いすることができます。

    そうは言っても、契約の全てを個人同士がすることになりますから非常に手間がかかりますし、支払いに関するトラブルが起きる危険性も増すでしょう。

    代金の支払い方法に関して言えば、なるべく分割払いを避けるとトラブルを避けることが出来るようになりますね。

    全く動かなくなった自動車のことを「不動車」と呼びますが、この場合も売却不可能だと考えてしまうことはないでしょう。

    動かなくなっていても価値があるケースもあるからです。

    本体で考えるのではなくて部分で見れば今後も現役で使えそうなものがないとは言いきれませんし、部品部品に対して価格をつけ査定して買取を行ってくれるところはあります。

    しかし、一般のお店では買取を断られるケースもありますから、まずはきちんと不動車を扱っているかどうか聞いてから依頼して見積もりを出してもらうと良いでしょう。