トップページ

    このサイトでは故障車買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「故障車の買取相場を検索して高く買い取りをしてくれる買取店に売却したい」ということを考えているならこのページで紹介しているおすすめの車買取店でリサーチしてみてください。

    故障車を高く売るために外せないのが「複数の車買取業者で査定の依頼をする」です。1社の車買取店だけとか家の近くにあるディーラーで下取りをお願いしようと思っているなら確実に損をするので気を付けてください。

    中古車の一括査定なら入力も2~3分で終わるのでとてもシンプルです。いくつかの車買取専門店からの査定額を比較することができるので、故障車の買取価格の相場を調べる手間が省けます。
    カーネクスト

     カーネクストは、これまでに事故車や廃車、故障車を専門に買い取ってきた実績のある中古車買取業者です。
    自動車パーツの再利用や海外への輸出、資源としてのリユースなど数多くのノウハウを持っている為、一般的な中古車買取業者や近くのディーラーで「この車の買取はできません。廃車として処分をするなら廃車手続きの費用がかかります。」と断られてしまった車でも買取査定が可能です。

    その他にも、一般的な車買取業者ではあまりいい顔をされない10年落ちや15年落ちの中古車、走行距離が10万キロを超えてしまっている過走行車(多走行車)なども海外に輸出して販売することができるので買取査定が可能です。

    もちろん、全国対応で利用は無料。エンジンがかからない故障車のレッカー代も無料です。

    「廃車として処分しなくても故障車を売れるなら…」と感じている場合は故障車の買取査定を依頼してみてください。今なら査定額に1万円上乗せされるキャンペーンもやっています。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前から分かるように廃車買取の専門業者。
    「廃車寸前の故障車でも買い取ってくれる業者ってあるの?」、「事故で故障してしまった車でも廃車処分じゃなくて売れるの?」という場合は故障車の買取査定を依頼してみてください。

    近所のディーラーで「買取価格は0円ですね。廃車として処分しますか?」と言われてしまったり、中古車の買取業者にお願いしてもゼロ円査定をされてしまった車でも廃車ひきとり110番であれば車をリサイクルして活用する販路があるので、多くの故障車や廃車に買取価格が付きます。

    都心だけでなく、地方にも対応していてレッカー代や引き取り料も無料です。まずは一度、故障車の査定に利用してみてはいかがでしょうか。各種税金や自賠責保険の還付金にも対応していますよ。
    ちなみに、水没車や不動車、事故車などにも対応しています。






    カービュー

     カービューは、大手企業ヤフーの100%子会社で事故車の買取相場が分かる一括査定サイト。
    「事故って故障がひどいからもう廃車処分するしかないか…」とか、「水害にあって故障車になってしまった…」というような廃車寸前の車でも買取査定の依頼ができます。

    提携している加盟店は20社を超えて全国にネットワークがありますし、最大で8社に事故車や故障車の査定依頼が可能です。
    一括査定サイトであれば故障車の買取査定に必要な入力は2~3分で終わるくらい簡単ですし、同時にいくつもの廃車・故障車の買取専門店が出してくれた査定額を比較することができます。

    1社だけではなく、相見積もりを取ることで故障車を高く売ることができますので一度利用してみることをおすすめします。累計利用者数は400万人を突破している人気のサイトなので安心して利用できますよ。






    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための無料の一括査定サービス。中古車のことならカーセンサーという人もいるくらい知られているので安心感が違います。
    登録業者も約1000社と圧倒的ナンバー1!最大50社まで故障車の買取査定をしてもらえます。

    中古車の一括査定サイトは使うと多くの買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がかかってこないので安心です。
    当然ですが、全国に対応していて無料。

    「故障車を高く売りたいから買取相場を知りたいけど、営業電話は受けたくない…」という場合はメールのやりとりで概算価格を伝えてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように外車を専門とした中古車の買取業者。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間取扱台数は輸入車のみで1500台。地方にも対応していて出張査定の費用はかかりません。

    外車王は輸入車や外車に特化した輸入車の買取専門業者なので、輸入車の故障車なら他の買取店より高額買取が実現することも多いです。
    そういったこともあるので、輸入車の故障車であれば最初にランキング上位の車買取一括査定サービスを活用して買取査定額をチェックしてみてください。

    いくつかの買取専門業者に査定をしてもらった後で、一番最後に外車王に査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高い査定額を出してくれた時にはあなたが大切に乗ってきた愛車を売却しましょう。







    インターネットを介して中古車の無料一括査定サイトを使うときにデメリットになることは、一括査定サイトに登録されている会社から電話で一気に売却を勧誘される事があります。

    まあ最初はこちらからサイトを利用したわけで、ある程度の電話攻勢は致し方ないのですが、ストレスをためてしまうよりは、現実的に売却予定が立っていなくても「もう手元に車はありません」と言うのがうまく電話攻撃をかわす手段のひとつと言えますね。

    手持ちの車を査定に出すときには、ボディーカラーも重要です。

    定番色のホワイトやブラックはいつでも安定した人気を誇っているので、査定に良い印象を与えるケースが大半でしょう。

    反対に原色に近い赤や青などのビビットカラーは好きな人は好きですが、嫌がる人もいますから、人気の定番色と比較して査定額を減額される要因になるケースが多いと言えます。

    原色系はマイナス査定されやすいと言っても、査定価格はその時点でのオークションの相場によりけりなので、流行があれば一定の色が査定で高値が付くことも充分考えられるのです。

    買取希望の中古車を査定する際の基準にはいろいろありますが、中でも査定金額に大きく影響するのが走行距離です。

    基本的に走行距離がアップすればするほど査定金額は低下していくのです。

    総走行距離数が5万km以上の車は多走行車という名称があり、中古車のマイナス査定に影響を及ぼし始めるケースがほとんどです。

    総走行距離が10万kmより多い車は「過走行車」と呼ばれて、ゼロ円査定になってしまうケースもままあります。

    中古車を売却した場合、業者からの入金は契約書に署名捺印してからだいたい一週間後となります。

    担当者が査定に来て、その日のうちに契約を決めても、ひとつでも書類や印鑑などが欠けていたら契約は不可能です。

    なるべく早く売却代金を得たいのでしたら、業者による査定の前に、書類を整えておく必要があります。

    提出書類は普通乗用車と軽では違いますし、気をつけましょう。

    中古車買取業者に車の査定を頼むと、たいていの業者は無償でしてくれます。

    けれどもどうせ車を買い替えるのだからとディーラーの言うがままに下取りに出すと、つい下取り額にばかり目がいって、査定代のほうまで気が回らないことがあります。

    ディーラーでは査定代は下取額と相殺する形になるので現金での支払いは発生しませんが、中古車買取業者のときと同じ気持ちでいると、忘れがちなことですので、ディーラーが下取り査定をする以前に、査定は無償なのかそうでないかをはっきり聞いておくべきです。

    仮に有料だったとしても、買取業者の方が有利ということで、ディーラーに価格交渉するネタになります。

    決算期で販売合戦の激しい3月と、真夏の酷暑が終わるとまだボーナスの影響が残る9月は車を売る方にとっては非常にありがたい時期です。

    中古車販売業者の多くは今のうちにもっと商品を仕入れて売上を伸ばしたいと考えています。

    したがって中古車の買取額も高値基調となるのが普通です。

    今すぐ車を売却しなければいけないというのでなければ、狙い目なのがこのシーズンでしょう。

    逆に決算終了後の4月には査定額が最も低くなる頃なので売却はお薦めできません。

    自動車業界が考える標準的な年間走行距離は1万キロメートルです。

    しかし、あくまでも目安ですから、古い年式の自動車だったら一般的には年間走行距離は少し短くなるのです。

    車を買取専門店に査定に出すときには走行距離数が少ない方が有利です。

    そうは言っても、車も機械ですから定期的に動かさないと却って不調になることが多いのです。

    年式に対して走行距離数が極端に少ないと、査定時にアップされる金額は少なくなってくるのです。

    何社にも査定を頼んだのに値段がつかないような時は、廃車手前の車を専門に扱う業者に相談してみるのも手です。

    他店で敬遠されがちな車でもそういった業者であれば、使えるパーツ単位で査定していくため、値段もつきますし、引き取れないと言われることもありません。

    それにもし廃車にするとしても、自分で骨折りをするのに比べたらプロに任せるほうがラクですし、なにより早いです。

    そうした業者の取り柄というと、引取先に頭を悩ませることがない上、廃車手続きを代行してくれ、しかも無償で車を処分してもらえるという点です。

    どんな場合でもそうですが、契約書に書かれている内容を充分に理解すると言うことは、自動車に関連したことだけではなくて売買契約をするうえではとても大切なことです。

    サインと捺印をすれば、契約書の内容は全部法律的な効力を持ったことになるのです。

    書かれている自動車の内容に問題はないか、トラブルになりやすい金銭面でのあいまいな部分はないか、充分にみていくことが肝心です。

    疑問点が生じたら遠慮せずにスタッフに質問することも重要になってきます。