トップページ

    このサイトでは故障車買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「故障車の買取相場を検索して高く買い取りをしてくれる買取店に売却したい」ということを考えているならこのページで紹介しているおすすめの車買取店でリサーチしてみてください。

    故障車を高く売るために外せないのが「複数の車買取業者で査定の依頼をする」です。1社の車買取店だけとか家の近くにあるディーラーで下取りをお願いしようと思っているなら確実に損をするので気を付けてください。

    中古車の一括査定なら入力も2~3分で終わるのでとてもシンプルです。いくつかの車買取専門店からの査定額を比較することができるので、故障車の買取価格の相場を調べる手間が省けます。
    カーネクスト

     カーネクストは、これまでに事故車や廃車、故障車を専門に買い取ってきた実績のある中古車買取業者です。
    自動車パーツの再利用や海外への輸出、資源としてのリユースなど数多くのノウハウを持っている為、一般的な中古車買取業者や近くのディーラーで「この車の買取はできません。廃車として処分をするなら廃車手続きの費用がかかります。」と断られてしまった車でも買取査定が可能です。

    その他にも、一般的な車買取業者ではあまりいい顔をされない10年落ちや15年落ちの中古車、走行距離が10万キロを超えてしまっている過走行車(多走行車)なども海外に輸出して販売することができるので買取査定が可能です。

    もちろん、全国対応で利用は無料。エンジンがかからない故障車のレッカー代も無料です。

    「廃車として処分しなくても故障車を売れるなら…」と感じている場合は故障車の買取査定を依頼してみてください。今なら査定額に1万円上乗せされるキャンペーンもやっています。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前から分かるように廃車買取の専門業者。
    「廃車寸前の故障車でも買い取ってくれる業者ってあるの?」、「事故で故障してしまった車でも廃車処分じゃなくて売れるの?」という場合は故障車の買取査定を依頼してみてください。

    近所のディーラーで「買取価格は0円ですね。廃車として処分しますか?」と言われてしまったり、中古車の買取業者にお願いしてもゼロ円査定をされてしまった車でも廃車ひきとり110番であれば車をリサイクルして活用する販路があるので、多くの故障車や廃車に買取価格が付きます。

    都心だけでなく、地方にも対応していてレッカー代や引き取り料も無料です。まずは一度、故障車の査定に利用してみてはいかがでしょうか。各種税金や自賠責保険の還付金にも対応していますよ。
    ちなみに、水没車や不動車、事故車などにも対応しています。






    カービュー

     カービューは、大手企業ヤフーの100%子会社で事故車の買取相場が分かる一括査定サイト。
    「事故って故障がひどいからもう廃車処分するしかないか…」とか、「水害にあって故障車になってしまった…」というような廃車寸前の車でも買取査定の依頼ができます。

    提携している加盟店は20社を超えて全国にネットワークがありますし、最大で8社に事故車や故障車の査定依頼が可能です。
    一括査定サイトであれば故障車の買取査定に必要な入力は2~3分で終わるくらい簡単ですし、同時にいくつもの廃車・故障車の買取専門店が出してくれた査定額を比較することができます。

    1社だけではなく、相見積もりを取ることで故障車を高く売ることができますので一度利用してみることをおすすめします。累計利用者数は400万人を突破している人気のサイトなので安心して利用できますよ。






    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための無料の一括査定サービス。中古車のことならカーセンサーという人もいるくらい知られているので安心感が違います。
    登録業者も約1000社と圧倒的ナンバー1!最大50社まで故障車の買取査定をしてもらえます。

    中古車の一括査定サイトは使うと多くの買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がかかってこないので安心です。
    当然ですが、全国に対応していて無料。

    「故障車を高く売りたいから買取相場を知りたいけど、営業電話は受けたくない…」という場合はメールのやりとりで概算価格を伝えてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように外車を専門とした中古車の買取業者。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間取扱台数は輸入車のみで1500台。地方にも対応していて出張査定の費用はかかりません。

    外車王は輸入車や外車に特化した輸入車の買取専門業者なので、輸入車の故障車なら他の買取店より高額買取が実現することも多いです。
    そういったこともあるので、輸入車の故障車であれば最初にランキング上位の車買取一括査定サービスを活用して買取査定額をチェックしてみてください。

    いくつかの買取専門業者に査定をしてもらった後で、一番最後に外車王に査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高い査定額を出してくれた時にはあなたが大切に乗ってきた愛車を売却しましょう。







    出来るだけ自分の車を高値で売却する為に車の買取店と査定金額の交渉を行う際に肝心になってくるのは、簡単に自分から希望の金額を口にしないことです。

    相場価格を事前に確認しているのならまだ良いのですが、そうでないのならば自分から現実の相場価格よりも低い価格を口にする可能性があるので、このケースの場合は勿体ないです。

    買取業者と価格交渉を行おうと思っているならば、価格交渉する前に充分に準備してから臨みましょう。

    買取のお店に行く暇がなかったとしても、オンラインで中古車査定ができてしまうホームページが無数に存在しているものです。

    サイト上で算出した金額よりももっと詳しい価格は査定担当者が実際に中古車を見てみないと一概には金額を言えない状況もありますが、一気に山のような業者の見積もりをとってくることが可能なので、その時点での相場価格の概算を把握できるのでとても便利です。

    さらには、相場の価格から大きく離れた値段を算出した買取店舗を現実的な売却店の候補から外すことができるので便利ですね。

    売買予定の車の見積額が下がってしまう要因には幾つかあるのですが、最も大きな査定低下の要因は、売却予定の車が事故車や故障車で修理したことがあるケースです。

    ものによっては査定金額が付かないところまで低下する場合もあるのです。

    しかしそうは言っても、故障および事故などで修理歴があると絶対に「修理歴車」になるというものではなくて、いわゆる車の骨格にあたる部分にまで傷が広がっていて、甚大なダメージを修理してあるのが修理歴車なのです。

    ローン完済前の車を売るときは、残債を払ってしまわないと売却できません。

    つまり、完済前の車の所有権はローンを払っている人間ではなくローン会社にあり、書類上の名義もそうであることがほとんどだからです。

    残債を売却前に払い終えてしまえるようでしたら問題ないものの、そうでないときは業者が売主に支払うべき買取額からローン残債を支払うという手もないわけではありません。

    しかしこれにはローン会社の許可が不可欠で、必要書類も多くなります。

    普通の自家用車を処分する場合、選べる方法は中古車買取店への売却かディーラー下取りの二つでしょう。

    中古車として売却するのであれば同時に複数の買取店に査定依頼を出すことで金額を競わせ、下取りに比べ利益を得やすいというメリットがあります。

    その対極にあるのがディーラーによる下取りですが、この場合はどことも競う必要がないため、競争による高値買取りのようなものは期待できません。

    そのかわり購入と売却が同じ場所で出来るというのはラクです。

    その時の状況にあわせて柔軟に選択すると良いでしょう。

    チャイルドシートを設置している車を買い取ってもらう際は査定に来る前に取り外しておくのがお薦めです。

    中古車の見積りではそれらは加点される項目ではありません。

    ただ、チャイルドシートというのはUSEDで探している人も多いですから、タダで車と一緒に処分せずとも取り外して売れば、そこそこ良い価格がつきます。

    特に人気の高いブランド商品ならこちらが思っているより高額で売れることがあります。

    所有する車を手放そうと考えているときには、中古車一括査定サイトを使用すると、価格の相場があっと言う間に分かるので大変便利です。

    相場は分かりますが、現実的にいくらで売却可能かは「実査定」を受けて最終的な査定額を聞くまでは分からないのです。

    車検の残り期間の有無やその車の状態がどうかによって、見積額はかなり変化するのです。

    中古車を売ろうと考えているときには、中古車一括査定サイトによる査定金額を過信しすぎるのもいけないと言うことを覚えておきましょう。

    何ヶ月くらい残っているかによっても事情は異なりますが、「車検」は査定金額に影響します。

    「車検切れ」である車よりも車検が長く残っている自動車の方が良いに決まっています。

    かといって、車検が一年も残っていない状態ではほぼ査定額に影響を与えません。

    車検切れが間近だと見積もりが下がるからと言って、売る前に車検をしようとは考えない方が良いでしょう。

    通常、車検を通すためのお金と査定時に上乗せされるお金とでは、車検費用の方が高く付く場合がほとんどなので損するのが目に見えているのです。

    買取業者に車を査定してもらう時は、買い取りを行っている店舗に車を持ち込むか、あるいは訪問査定の約束をとりつけて家で待つという方法もあります。

    車を売ることが近所には知れてしまうかもしれませんが、それでも良ければ訪問査定は金額的に良い結果が出やすいのでメリットが大きいです。

    ひとつの店に持ち込むのと違って多数の業者に同時に査定させることができます。

    つまり同業他社と査定額を争うことになり、普通に売るよりも高い値段で買い取ってもらえるからです。