トップページ

    このサイトでは故障車買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「故障車の買取相場を検索して高く買い取りをしてくれる買取店に売却したい」ということを考えているならこのページで紹介しているおすすめの車買取店でリサーチしてみてください。

    故障車を高く売るために外せないのが「複数の車買取業者で査定の依頼をする」です。1社の車買取店だけとか家の近くにあるディーラーで下取りをお願いしようと思っているなら確実に損をするので気を付けてください。

    中古車の一括査定なら入力も2~3分で終わるのでとてもシンプルです。いくつかの車買取専門店からの査定額を比較することができるので、故障車の買取価格の相場を調べる手間が省けます。
    カーネクスト

     カーネクストは、これまでに事故車や廃車、故障車を専門に買い取ってきた実績のある中古車買取業者です。
    自動車パーツの再利用や海外への輸出、資源としてのリユースなど数多くのノウハウを持っている為、一般的な中古車買取業者や近くのディーラーで「この車の買取はできません。廃車として処分をするなら廃車手続きの費用がかかります。」と断られてしまった車でも買取査定が可能です。

    その他にも、一般的な車買取業者ではあまりいい顔をされない10年落ちや15年落ちの中古車、走行距離が10万キロを超えてしまっている過走行車(多走行車)なども海外に輸出して販売することができるので買取査定が可能です。

    もちろん、全国対応で利用は無料。エンジンがかからない故障車のレッカー代も無料です。

    「廃車として処分しなくても故障車を売れるなら…」と感じている場合は故障車の買取査定を依頼してみてください。今なら査定額に1万円上乗せされるキャンペーンもやっています。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前から分かるように廃車買取の専門業者。
    「廃車寸前の故障車でも買い取ってくれる業者ってあるの?」、「事故で故障してしまった車でも廃車処分じゃなくて売れるの?」という場合は故障車の買取査定を依頼してみてください。

    近所のディーラーで「買取価格は0円ですね。廃車として処分しますか?」と言われてしまったり、中古車の買取業者にお願いしてもゼロ円査定をされてしまった車でも廃車ひきとり110番であれば車をリサイクルして活用する販路があるので、多くの故障車や廃車に買取価格が付きます。

    都心だけでなく、地方にも対応していてレッカー代や引き取り料も無料です。まずは一度、故障車の査定に利用してみてはいかがでしょうか。各種税金や自賠責保険の還付金にも対応していますよ。
    ちなみに、水没車や不動車、事故車などにも対応しています。






    カービュー

     カービューは、大手企業ヤフーの100%子会社で事故車の買取相場が分かる一括査定サイト。
    「事故って故障がひどいからもう廃車処分するしかないか…」とか、「水害にあって故障車になってしまった…」というような廃車寸前の車でも買取査定の依頼ができます。

    提携している加盟店は20社を超えて全国にネットワークがありますし、最大で8社に事故車や故障車の査定依頼が可能です。
    一括査定サイトであれば故障車の買取査定に必要な入力は2~3分で終わるくらい簡単ですし、同時にいくつもの廃車・故障車の買取専門店が出してくれた査定額を比較することができます。

    1社だけではなく、相見積もりを取ることで故障車を高く売ることができますので一度利用してみることをおすすめします。累計利用者数は400万人を突破している人気のサイトなので安心して利用できますよ。






    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための無料の一括査定サービス。中古車のことならカーセンサーという人もいるくらい知られているので安心感が違います。
    登録業者も約1000社と圧倒的ナンバー1!最大50社まで故障車の買取査定をしてもらえます。

    中古車の一括査定サイトは使うと多くの買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がかかってこないので安心です。
    当然ですが、全国に対応していて無料。

    「故障車を高く売りたいから買取相場を知りたいけど、営業電話は受けたくない…」という場合はメールのやりとりで概算価格を伝えてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように外車を専門とした中古車の買取業者。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間取扱台数は輸入車のみで1500台。地方にも対応していて出張査定の費用はかかりません。

    外車王は輸入車や外車に特化した輸入車の買取専門業者なので、輸入車の故障車なら他の買取店より高額買取が実現することも多いです。
    そういったこともあるので、輸入車の故障車であれば最初にランキング上位の車買取一括査定サービスを活用して買取査定額をチェックしてみてください。

    いくつかの買取専門業者に査定をしてもらった後で、一番最後に外車王に査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高い査定額を出してくれた時にはあなたが大切に乗ってきた愛車を売却しましょう。







    オンラインで簡単に申し込める中古車の無料一括査定サイトを利用すると、売っても良いと考えている車の見積もりの相場が瞬時に分かりますから、やって損はありません。

    携帯やスマホから申し込むことができますから、電車やバスの移動中など少しの空き時間でも有効に活用することができますね。

    しかしながら、注意点があって、査定を依頼した複数の会社から電話連絡が機を同じくしてたくさんかかってくるので、電話攻勢が気になるならメールで連絡可能なサイトを活用すると良いですよ。

    特別に車の査定に関してだけではなくて、どんな分野でも同様のことが言えるでしょうが、レビューには絶対と言って良いほど否定的なものがあります。

    一個や二個の悪い否定的な意見が見つかっても、それらの悪い口コミにだけ左右されると結局何も出来ないままになるのではないでしょうか。

    レビューはあくまでレビューとして参考にするだけで、まずは一歩を踏み出して無料査定を申し込んでみて、そのときに自らが受けた印象を大切にすることが自分にとって一番良い選択をする事に繋がるのです。

    雨が降っている日や夜間に査定してもらうと、見積額が少々上がるという話があるようです。

    夜間の査定は暗くてよく見えませんし、雨だと水滴が邪魔をして外装の汚れや傷などが分かり難くなると言うのが理由となっているようです。

    でも、視界が良くないからと言う理由で高く査定をするほど担当者も甘くはないのです。

    却って、もし見落としがあっても後で差し引き可能なように、晴れた日中に査定する場合よりも少々査定額を抑えられてしまうこともあるでしょう。

    個人レベルでどれだけ頑張ろうと、車の扱いに長けた査定士からすると買取対象車の修復歴や事故歴は隠しおおせるものではありません。

    隠蔽行為は査定担当者に不信感を持たせますし、査定額アップの交渉なんてもってのほかでしょう。

    修復歴をあえて隠すというのは保険で言えば病歴を偽って契約する告知義務違反になるわけで、もし発覚すれば解約返金も当たり前です。

    それに契約書をよく読んでいくと申告に関する文章はぜったいに盛り込まれているはずです。

    買取業者が来ていざ実物の査定をするとなると、車内に喫煙臭や動物(ペット)臭が残っていると具体的なキズではないにしろ、減点対象になります。

    ほとんど無臭のつもりでいてもいつも乗っているため車のにおいに慣れてしまって、気が付かないというケースがほとんどです。

    不安であれば自分以外の人に車内のにおいをチェックしてもらうといいかもしれません。

    消臭剤や芳香剤を使用しても時間をかけて付着した有機系の汚れがニオイの発生源ですから、マットや灰皿など洗えるものは洗い、車内はとことん拭き掃除をすることです。

    車を売却する一括査定サイトがあるように、ウェブから自動車保険の一括見積りを依頼できるサイトもあります。

    毎年更新される自動車保険というのは貯蓄部分がなく、掛け捨てで、続けても契約者にお金が戻ってくることはありませんから、より条件の良い保険会社があったら切り替えた方が得であるのは明らかです。

    引越や生命保険の見積りサイトなどと同じで誰でも無償で利用できるのが特徴です。

    一度に多くの保険会社の掛金やサービス、保障内容を見ることができ、時間も手間も格段に減らすことができる点は魅力的です。

    とても重要なことですが、あらゆる契約書の全文に目を通して内容を把握することは、車売却時に限定したことではなくてさまざまな売買を行う上で大変重要になってきます。

    署名して印鑑を押した以上、契約書に書いてあることは全部法的に効力を発揮します。

    契約書に書かれている自動車の状態は正しいか、お金に関するところで分かりにくい記載はないか、丁寧に一つ一つ確認していくことが必要でしょう。

    ちょっとでも不安を感じたら納得するまでスタッフなどに質問する姿勢は大事にした方が良いですよ。

    ローンの返済が残っている状態であろうと、売ろうと思えば車を売れないこともありません。

    売るとすれば、車を売ろうとしている人が車検証の所有者本人であるという条件がクリアできるならの話です。

    まだ名義がローン会社になっている場合は、完全にローンを返し切るまでは当面、所有者はそこに記載されている会社ということになります。

    つまり、債務がなくなって名義を書き換えてからでないと売れません。

    もっとも、ローン会社の許諾が貰えるようでしたら、業者の提示した買取額をもって返済にあてるということも可能です。

    普通自動車でも軽自動車でも車を所持していると、使用しているいないに関わらず維持費用はかかるのです。

    車検費用は2年に一度、毎年の自動車税、更に任意の自動車保険費用もかかります。

    更にいうならば、持ち家でなかったとしたら、別に駐車場代金も必要になってくるのです。

    自分が持っている車を手放そうかどうしようか悩んでいる場合には、これらの維持費を払い続けても乗り続けていたいのか存分にあれこれ検討してみると、売るべきか乗り続けるかという結論を出しやすいでしょう。