トップページ

    このサイトでは故障車買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「故障車の買取相場を検索して高く買い取りをしてくれる買取店に売却したい」ということを考えているならこのページで紹介しているおすすめの車買取店でリサーチしてみてください。

    故障車を高く売るために外せないのが「複数の車買取業者で査定の依頼をする」です。1社の車買取店だけとか家の近くにあるディーラーで下取りをお願いしようと思っているなら確実に損をするので気を付けてください。

    中古車の一括査定なら入力も2~3分で終わるのでとてもシンプルです。いくつかの車買取専門店からの査定額を比較することができるので、故障車の買取価格の相場を調べる手間が省けます。
    カーネクスト

     カーネクストは、これまでに事故車や廃車、故障車を専門に買い取ってきた実績のある中古車買取業者です。
    自動車パーツの再利用や海外への輸出、資源としてのリユースなど数多くのノウハウを持っている為、一般的な中古車買取業者や近くのディーラーで「この車の買取はできません。廃車として処分をするなら廃車手続きの費用がかかります。」と断られてしまった車でも買取査定が可能です。

    その他にも、一般的な車買取業者ではあまりいい顔をされない10年落ちや15年落ちの中古車、走行距離が10万キロを超えてしまっている過走行車(多走行車)なども海外に輸出して販売することができるので買取査定が可能です。

    もちろん、全国対応で利用は無料。エンジンがかからない故障車のレッカー代も無料です。

    「廃車として処分しなくても故障車を売れるなら…」と感じている場合は故障車の買取査定を依頼してみてください。今なら査定額に1万円上乗せされるキャンペーンもやっています。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、その名前から分かるように廃車買取の専門業者。
    「廃車寸前の故障車でも買い取ってくれる業者ってあるの?」、「事故で故障してしまった車でも廃車処分じゃなくて売れるの?」という場合は故障車の買取査定を依頼してみてください。

    近所のディーラーで「買取価格は0円ですね。廃車として処分しますか?」と言われてしまったり、中古車の買取業者にお願いしてもゼロ円査定をされてしまった車でも廃車ひきとり110番であれば車をリサイクルして活用する販路があるので、多くの故障車や廃車に買取価格が付きます。

    都心だけでなく、地方にも対応していてレッカー代や引き取り料も無料です。まずは一度、故障車の査定に利用してみてはいかがでしょうか。各種税金や自賠責保険の還付金にも対応していますよ。
    ちなみに、水没車や不動車、事故車などにも対応しています。






    カービュー

     カービューは、大手企業ヤフーの100%子会社で事故車の買取相場が分かる一括査定サイト。
    「事故って故障がひどいからもう廃車処分するしかないか…」とか、「水害にあって故障車になってしまった…」というような廃車寸前の車でも買取査定の依頼ができます。

    提携している加盟店は20社を超えて全国にネットワークがありますし、最大で8社に事故車や故障車の査定依頼が可能です。
    一括査定サイトであれば故障車の買取査定に必要な入力は2~3分で終わるくらい簡単ですし、同時にいくつもの廃車・故障車の買取専門店が出してくれた査定額を比較することができます。

    1社だけではなく、相見積もりを取ることで故障車を高く売ることができますので一度利用してみることをおすすめします。累計利用者数は400万人を突破している人気のサイトなので安心して利用できますよ。






    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車高額買取のための無料の一括査定サービス。中古車のことならカーセンサーという人もいるくらい知られているので安心感が違います。
    登録業者も約1000社と圧倒的ナンバー1!最大50社まで故障車の買取査定をしてもらえます。

    中古車の一括査定サイトは使うと多くの買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がかかってこないので安心です。
    当然ですが、全国に対応していて無料。

    「故障車を高く売りたいから買取相場を知りたいけど、営業電話は受けたくない…」という場合はメールのやりとりで概算価格を伝えてくれるカーセンサーが一番おすすめ。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように外車を専門とした中古車の買取業者。
    15年以上、輸入車や外車を扱ってきており、年間取扱台数は輸入車のみで1500台。地方にも対応していて出張査定の費用はかかりません。

    外車王は輸入車や外車に特化した輸入車の買取専門業者なので、輸入車の故障車なら他の買取店より高額買取が実現することも多いです。
    そういったこともあるので、輸入車の故障車であれば最初にランキング上位の車買取一括査定サービスを活用して買取査定額をチェックしてみてください。

    いくつかの買取専門業者に査定をしてもらった後で、一番最後に外車王に査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高い査定額を出してくれた時にはあなたが大切に乗ってきた愛車を売却しましょう。







    なるべく多くの中古車買取業者に買取査定を依頼してから売る店を絞り込んでいくのが、できるだけ高値で車を売る秘訣と言えますね。

    多数の買取会社のスタッフに同時に見積もりを依頼して、皆で価格競争をするように仕向けるのも有益な手段となるでしょう。

    いけないことのように感じる方もいるでしょうが、割と良くある事柄ですから、特に気にすることはないでしょう。

    また、契約を取り交わす時には取り引きの際の契約書の中味はきちんと読み込む事が大切ですね。

    中古車の査定は少しでもアップさせたいものです。

    それならば、中古車の買取に出す前になるべく自らクリーニングすることが大切ですね。

    事故歴や過去に修理してもらった場所は消去不可能ですし、自ら話さなくてもすぐに見破られます。

    一方、嫌な臭いだったり、汚れたシートやカーペットなどは個人の力である程度は消滅可能なのです。

    それから、車中は禁煙にすることがもはや常識のようなところがあるので、タバコの臭いが嫌われることを念頭に置いて、査定が低くならないように消臭することを心掛けましょう。

    今持っている売却予定の車にこの程度の価格では売れないと思うような査定を出されたら、もちろん何が何でも売らなければならないわけではないので、売却の取りやめをしてもOKです。

    査定の申し込みをしたからと言って、どうしても契約しなければならない決まりはないのです。

    はじめの段階の査定金額ではうなずけないと伝えるとそのときから、もっと値段を上げてもらえる可能性が高まるかもしれませんし、その店にこだわらなくいても、ほかならもっと高値で売却可能かもしれないですよね。

    自分が納得できない金額を表示されたら「嫌だ」といっても良いのです。

    車を売ろうと思ったら、業者から見積りをとることが第一歩です。

    ウェブで簡易査定を受けた後、業者による実車査定を終えてから、正式な見積額が出てきます。

    価格と説明に納得すれば、印鑑証明書(軽自動車は不要)や必要書類一式を用意してその業者と売買契約を締結します。

    あとは車の所有者の名義変更や、車の引き取り等の作業を終了したあと、買取代金の支払いがありますが、現金ではなく口座振込みが主流です。

    これで金額が合っていることを確認したら売却の手続きはすべて終わったことになります。

    満足できる査定結果が得られ、これから契約書にサインして売買手続きを進めるとなると、必要に応じていくつかの書類を整えることになります。

    軽と普通車では印鑑の違いがあったり、個人情報に変更があれば必要書類も増えるので注意してください。

    普通車でも軽でも必要なものといえば車検証で、あとはリサイクル券(預託済みの場合)、自賠責保険の保険証、直近の自動車税納税証明書が必要になります。

    それと、契約には実印と印鑑証明書が不可欠ですが、売却するのが軽自動車のときは三文判でも大丈夫です。

    ただ、シャチハタは使用できません。

    買い替えで下取りということになれば新車納車と古い車の引き取りは同時に行われるのが普通です。

    けれども、古いほうの車を買取業者に買い取ってもらう場合は、納車までに車がない期間が生じる可能性もあります。

    通勤通学などで車がなければいられないという場合は、訪問査定等を申し込む際に必ず代車の手配の有無を聞いておくべきです。

    代車ありを謳っている業者でも店によってはそういった手配はしていないところもあるので先に確かめておかないとあとになって困ることになります。

    中古自走車を売却する際には、必要書類の中に車庫証明は入っていません。

    しかし、新しく自動車を購入した際には、ちゃんと車を保管する指定場所を届け、車庫証明書を取得しなければなりません。

    車庫証明に関して言えば、購入店側で代行してくれる場合が多いでしょうが、自分が取得手続きをするのが本来の姿です。

    ちょっと手間はかかりますが販売店側に手数料を支払わなくても構わないので、トライするのも結構ですね。

    車庫証明の手続きの際には、過去に所有していた自動車をどうしたか説明しなければいけないので、手続きに行く際には売買契約書を忘れずに持参して下さい。

    特別自分と仲の良い友達に愛車を売ろうとするときには、代金の支払いなどの約束事が曖昧になりやすいですね。

    愛車を売るのはかなり大きなお金が動いて当然の事柄です。

    いくら親しい友人であるからと言っても、いつまでに車の名義変更をするのかやいくらで売るのか、その支払い方法はそうするのかなど、重要項目についてはしっかり念書に残して双方で保管するなどしましょう。

    口頭で軽く言い残すだけの人とは、どんなに親しい間柄でも後からいざこざに発展する場合があるので、売却するのを考えた方が良いかも知れませんね。

    自分が所有している車を買い取ってもらって、直後に売却金を受け取りたい場合には、売却金を即金対応してくれる業者を探しましょう。

    大きな声で即金対応できますと言っていないところでも、即金でお願いしますと言えば検討してくれる買取店もあるのです。

    でも、即金対応してもらう場合には、査定額が少々低めに提示されても致し方ないかもしれませんね。

    即金で持ち帰りたいのか一円でも高く売りたいのか、優先順位はどちらが上なのかを判断して、後者が優先順位が高かったらすぐにお金を手にすることばかり固執するのはマイナスと言えるでしょう。