トップページ > 東京都

    このページでは東京都で故障車買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「故障車の買取相場を検索して高額買取してくれる東京都の専門店に売りたい。」と感じている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取業者で調べてみてください。

    故障車を高く買い取ってもらうために必要なことは「東京都にある何社かの車買取業者で査定の依頼をする」です。1つの買取店のみとか家の近くにあるディーラーで下取りを頼もうと思っている場合は明らかに損をするので注意してください。

    車一括査定なら入力もすぐに終わるので隙間時間でできます。東京都にある何社かの車買取業者からの査定額を比較できるので、故障車の買取値段の相場を調べる手間が省けます。
    カーネクスト

     カーネクストは、故障車や事故車、廃車を専門に買い取っている中古車買取業者。
    車のパーツとしての再利用、資源としての再利用をすることができますし、海外への輸出販売の直販ルートを持っている為、多くの中古車買取業者や近くにあるディーラーで「この車は買取不可ですね。処分するなら廃車の手続き費用がかかります。」と買取拒否をされてしまった故障車でも買取査定ができます。

    その他にも、多くの車買取専門店では好まれない10年落ちの古い中古車や走行距離が10万キロ以上の過走行車なども海外に輸出販売することができるので買取してもらえます。

    もちろん、東京都対応で利用は無料。エンジンブローで壊れている故障車のレッカー代も無料です。

    「故障している車でも買い取ってくれる業者があるなら…」と思っているなら故障車の買取査定を申し込んでみてください。今なら査定額に1万円上乗せされるキャンペーンもやっています。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、そのサービス名から分かるように廃車や事故車を専門にしている買取業者。
    「故障して動かない車を買い取ってくれる業者ってあるの?」、「事故で廃車にするしかないと思っていた故障車でも買取金額が付くの?」と思っているなら、故障車の買取査定をお願いしてみてください。

    家の近くのディーラーで「値段が付かないので廃車として処分するしかありませんね」と言われたり、中古車の買取専門店に査定をお願いしても「ゼロ円です」と言われてしまったような故障車でも、廃車ひきとり110番であれば自動車リサイクル事業を行っているので、ほとんどの廃車や故障車に買取金額が付きます。

    東京都にも対応していてレッカー代も無料ですので、故障して廃車を検討している車があるなら一度査定依頼をしてみてはいかがでしょうか。各種税金や自賠責保険の還付金にも対応していますよ。
    ちなみに、水没で動かなくなってしまった車や不動車、エアコン故障車などにも対応しています。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社である株式会社カービューが運営している事故車買取の一括査定サイト。
    「故障して動かないからう廃車にしないとダメか…」とか「車が水没して故障してしまった…」というような廃車寸前の故障車でも買取査定の依頼ができます。

    提携している加盟店は20社以上、全国にネットワークがあるので東京都にも対応していますし、最大で8社に故障車の査定依頼が可能です。
    故障車買取の一括査定サイトであれば必要な入力は2~3分で終わるくらい簡単ですし、いくつもの故障車買取の専門店が提示してくれた査定額を比較することができます。

    1社のみに依頼するのではなく、複数社から相見積もりを取ることで故障車を最高額で売ることができますので、無料の一括査定を申し込んでみることをおすすめします。既に400万人以上が利用している実績のあるサイトなので安心して利用できますよ。






    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サイト。中古車のことならカーセンサーという人もいるくらい有名なので安心して使えます。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的ナンバー1!最大50社に故障車の買取査定の依頼をすることが可能。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼すると複数の買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がないのでおすすめです。
    もちろん、東京都対応で利用は無料。

    「故障車をできるだけ高く売りたいから買取相場がいくらなのか調べたいけど、電話営業が苦手…」と言う場合ならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめです。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように外車に特化した輸入車の買取専門業者です。
    外車や輸入車に特化して15年以上の実績があり、年間取扱台数は外車のみで1500台。東京都に展開していて出張査定費用は無料です。

    外車王は外車に特化した中古車の買取業者なので、外車の故障車なら他の買取業者より高く買い取ってくれる可能性が高いです。
    そういったこともあるので、外車の故障車なら最初にランキング上位の中古車一括査定サービスを利用して買取金額を調べてみてください。

    いくつかの買取専門店に査定をしてもらった後で、最終的に外車王に査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高い買取額を提示してくれた時にはあなたが大切にしてきた愛車を売りましょう。







    通常、車の買取業者が中古車を査定するときに確認する事項は、大きく分けると車の色や車種などの基本的な事項、総走行距離数および外装の傷の有無(ナンバープレートも含む)、車の内部の傷や汚れ、臭いがあるかどうか、故障や事故などがあったかどうかの確認等があります。

    これらのチェック項目に引っ掛かるものがあったら減額していって、査定アップする場合としては、たとえば最新式のオーディオやカーナビなどが付いている場合です。

    以上の結果にその時点での査定相場価格を加味して、売却希望者に査定額が提示されるのです。

    これから売ろうとしている中古車の見積額を下げてしまう主要な原因は幾つか存在しますが、最も大きな査定低下の要因は、その車に修理歴があることです。

    場合により見積金額が0にまで下がってしまう時もあるのです。

    しかしながら、事故や故障で修理してしまうと絶対に「修理歴車」になるというものではなくて、車の骨格部分まで損傷が広がっていて、甚大なダメージを修理してあるのが修理歴車なのです。

    ウェブ上で下取りに出したい車の査定金額を一度に複数の企業にお願いできてしまう、幾つもの車一括査定サイトがあります。

    査定額を出してもらったら売却するべきという決まりはありません。

    しかも、たくさんの会社に行く時間が取れない人にも有効です。

    でも、査定してもらった会社の中には電話勧誘がしつこいところもあるので、電話による連絡が面倒だと思うならば、メールが連絡手段となっているところを利用すればしつこい勧誘電話を避けることが出来ます。

    チャイルドシートを設置している車を査定するために業者が来るのであれば、はずしてから査定に臨む方がいいです。

    実車査定ではたとえブランド物のチャイルドシートすら採点される項目には含まれていないからです。

    しかしながらチャイルドシートのように使用時期の限られるものは需要が高いため、はずして単品で売却すればそこそこ良い価格がつきます。

    一部のブランド品などは驚くほど高値で取引されていることもある位です。

    車に乗る人にとっては常識かもしれませんが、車の走行距離は一年におおよそ1万kmが標準といわれています。

    総走行距離数が5万キロを超えたところで走行距離が長い多走行車と言われるようになり、5万を境にどんどん査定は減点されていき、いわゆる過走行車(総走行距離10万km以上)までいってしまうとタダ同然の査定になり、場合によっては引き取りを拒否されることもあります。

    それなら走行距離が短いほどよいのかというと、そうとは言えません。

    車の年式に比べ走行距離数が短すぎるときは、逆に駆動部分が極端にへたっていたり、状態が悪化していることが多く、敬遠されることがあります。

    曇天の日や雨が降っているときなどは、晴天時に比べて車のボディの傷や汚れが見づらいので、減点されにくいと言われています。

    ただ、実績を積んだプロが見落とす可能性は低く、拡散タイプや高輝度のポケットライトなどを使い分け、しっかりチェックされてしまいます。

    また、よく手入れされた車両というのは明るい方が一層きれいに見えるものです。

    ちょっとした自然条件の違いではありますが、それぞれ短所もあれば長所もあるわけで、そこまで天候にこだわる必要はないでしょう。

    「不動車」とは完全に動かなくなってしまった自動車のことを指します。

    この不動車も、売却不可能だと考えてしまうことはないでしょう。

    不動車にもいくらか値段がつくことがあるのです。

    自動車の各部分ごとで見ればまだ使えるものもあるかも知れませんし、それらの部品に対して値段をつけて買取を行ってくれる店はあるところにはあるのです。

    ただし、一般的な中古車買取店では実施していない場合も多いので、事前調査して不動車を査定してくれる業者に見積もり依頼をして買い取りすればすんなりいきます。

    近年市販されている車は最初からカーナビゲーションシステムが標準装備されているものが大部分です。

    そういうわけで、カーナビゲーションシステムが搭載されていてもさほど査定額がアップすることはなくなってしまったのです。

    一般的なものではなくて、後付けで高価なカーナビシステムを取り付けたような場合に限って見積額が高くなるかも知れません。

    カーナビを外すのにさほど手間がかからないのならば、買い取りに出す前に外してしまってカーナビだけでオークションなどで売ったほうが利益が出る場合もあるでしょう。

    何かしらの理由で所有する自動車を査定してもらいたい時には車検証だけあれば良いのですが、売るときには複数の書類を用意しなければなりません。

    売却したい車が普通自動車ならば車検証以外に印鑑証明書や実印、納税証明書や自賠責保険証やリサイクル券を準備しなければいけません。

    これらのうち納税証明書の紛失に気付いたときには、普通自動車と軽自動車では再発行をお願いするところが違ってきます。

    普通自動車に関しては県などの税事務所で再発行してくれますし、普通自動車以外の軽自動車は市役所などが受付窓口になるのです。