トップページ > 神奈川県

    このページでは神奈川県で故障車買取におすすめの車買取業者をランキングで紹介しています。
    「故障車の買取相場を検索して高額買取してくれる神奈川県の専門店に売りたい。」と感じている場合はこのサイトに掲載しているおすすめの車買取業者で調べてみてください。

    故障車を高く買い取ってもらうために必要なことは「神奈川県にある何社かの車買取業者で査定の依頼をする」です。1つの買取店のみとか家の近くにあるディーラーで下取りを頼もうと思っている場合は明らかに損をするので注意してください。

    車一括査定なら入力もすぐに終わるので隙間時間でできます。神奈川県にある何社かの車買取業者からの査定額を比較できるので、故障車の買取値段の相場を調べる手間が省けます。
    カーネクスト

     カーネクストは、故障車や事故車、廃車を専門に買い取っている中古車買取業者。
    車のパーツとしての再利用、資源としての再利用をすることができますし、海外への輸出販売の直販ルートを持っている為、多くの中古車買取業者や近くにあるディーラーで「この車は買取不可ですね。処分するなら廃車の手続き費用がかかります。」と買取拒否をされてしまった故障車でも買取査定ができます。

    その他にも、多くの車買取専門店では好まれない10年落ちの古い中古車や走行距離が10万キロ以上の過走行車なども海外に輸出販売することができるので買取してもらえます。

    もちろん、神奈川県対応で利用は無料。エンジンブローで壊れている故障車のレッカー代も無料です。

    「故障している車でも買い取ってくれる業者があるなら…」と思っているなら故障車の買取査定を申し込んでみてください。今なら査定額に1万円上乗せされるキャンペーンもやっています。






    廃車ひきとり110番

     廃車ひきとり110番は、そのサービス名から分かるように廃車や事故車を専門にしている買取業者。
    「故障して動かない車を買い取ってくれる業者ってあるの?」、「事故で廃車にするしかないと思っていた故障車でも買取金額が付くの?」と思っているなら、故障車の買取査定をお願いしてみてください。

    家の近くのディーラーで「値段が付かないので廃車として処分するしかありませんね」と言われたり、中古車の買取専門店に査定をお願いしても「ゼロ円です」と言われてしまったような故障車でも、廃車ひきとり110番であれば自動車リサイクル事業を行っているので、ほとんどの廃車や故障車に買取金額が付きます。

    神奈川県にも対応していてレッカー代も無料ですので、故障して廃車を検討している車があるなら一度査定依頼をしてみてはいかがでしょうか。各種税金や自賠責保険の還付金にも対応していますよ。
    ちなみに、水没で動かなくなってしまった車や不動車、エアコン故障車などにも対応しています。






    カービュー

     カービューは、ヤフーの完全子会社である株式会社カービューが運営している事故車買取の一括査定サイト。
    「故障して動かないからう廃車にしないとダメか…」とか「車が水没して故障してしまった…」というような廃車寸前の故障車でも買取査定の依頼ができます。

    提携している加盟店は20社以上、全国にネットワークがあるので神奈川県にも対応していますし、最大で8社に故障車の査定依頼が可能です。
    故障車買取の一括査定サイトであれば必要な入力は2~3分で終わるくらい簡単ですし、いくつもの故障車買取の専門店が提示してくれた査定額を比較することができます。

    1社のみに依頼するのではなく、複数社から相見積もりを取ることで故障車を最高額で売ることができますので、無料の一括査定を申し込んでみることをおすすめします。既に400万人以上が利用している実績のあるサイトなので安心して利用できますよ。






    カーセンサー

     カーセンサーは、業界大手のリクルートが運営する中古車相場が調べられる一括査定サイト。中古車のことならカーセンサーという人もいるくらい有名なので安心して使えます。
    買取業者の数も1000社超なので圧倒的ナンバー1!最大50社に故障車の買取査定の依頼をすることが可能。

    中古車買取の一括査定サービスは依頼すると複数の買取業者から電話があることが多いのですが、カーセンサーの場合は連絡方法をメールのみにすれば電話がないのでおすすめです。
    もちろん、神奈川県対応で利用は無料。

    「故障車をできるだけ高く売りたいから買取相場がいくらなのか調べたいけど、電話営業が苦手…」と言う場合ならメールで査定額を提示してくれるカーセンサーがおすすめです。






    外車王

     外車王は、そのサービス名でわかるように外車に特化した輸入車の買取専門業者です。
    外車や輸入車に特化して15年以上の実績があり、年間取扱台数は外車のみで1500台。神奈川県に展開していて出張査定費用は無料です。

    外車王は外車に特化した中古車の買取業者なので、外車の故障車なら他の買取業者より高く買い取ってくれる可能性が高いです。
    そういったこともあるので、外車の故障車なら最初にランキング上位の中古車一括査定サービスを利用して買取金額を調べてみてください。

    いくつかの買取専門店に査定をしてもらった後で、最終的に外車王に査定してもらうのがおすすめです。相場よりも高い買取額を提示してくれた時にはあなたが大切にしてきた愛車を売りましょう。







    中古車一括査定サイトなどを利用して知ることが可能な金額は、どうしても簡易的な方法で導き出された査定金額です。

    同じ年式の同じ車種だったとしても、個々の車によって状態は違って当然ですから、具体的な実際の査定金額は車を目で見て確認しないと算定することは不可能です。

    このため、インターネットで前もって得られた相場通りの価格が必ず実際の現場で表示される訳ではないので、この点を事前に覚えておきましょう。

    中古車の査定を雨の日や夕方以降にお願いすると、幾らか見積もりが高くなると言う噂があります。

    当然ですが夜間は暗くて、雨降りだと水滴が邪魔をして車体の傷などが見えにくくなると言う理由からまことしやかにささやかれているようです。

    でも、視界が良くないからと言う理由で高く査定をするほど担当者も甘くはないのです。

    却って、もし見落としがあっても後で差し引き可能なように、普段よりも幾分低い査定をされてしまう可能性だってあるのですよ。

    インターネットを介して中古車の無料一括査定を利用したいけれども、できるだけ個人情報の記載をせずに査定をお願いしたいという場合には匿名でも可能なサイトを使うという手があります。

    但し、無料査定までしか匿名では行えません。

    具体的に査定士に見積もりを依頼するときや、車を手放すときには、個人情報を公開しなければなりません。

    買取業者は「古物営業法」にしたがって、契約を結んだ相手の住所や名前などを記録しておくという義務があるのです。

    複数の買取業者に査定してもらい、高値で売りたいと思っているのでしたら、車の買い取りの一括査定サービスを行っているサイト等を有効利用すべきです。

    スマホ対応サイトも増えているので、昼夜を問わず手軽に査定を依頼できるというメリットがあります。

    肝心の査定結果が得られたところで、価格の高い数社をピックアップして交渉に入ります。

    代車手配の有無もこの時に聞くと良いでしょう。

    たまに執拗な勧誘を繰り返す業者がいますが、そのようなところは「もう契約済みです」と断ってしまうのが吉です。

    トラックや営業車は別として、個人所有の普通車の1年間の走行キロ数は、約10000キロと見積もるのが一般的です。

    業界でよく多走行車と呼ぶのは総走行キロ数が5万キロを超えた車のことで、業者が査定をする際もそこは減点対象にしますし、やがて10万キロを超えるようになると過走行車といって金額をつけられないからと買い取りを断られるケースもあります。

    その一方で、走行距離が短い車というのも問題です。

    総走行キロ数が車の年式の割に少なすぎる時には、外観からは見て取れない部分の状態が非常に悪くなっていることも充分考えられるからです。

    売却を前提に業者に車の査定を申し込む場合、所有者側で何か書類などを整える必要はまだありません。

    ただし、買い取り先を決めて本契約となったら、幾つかの書類を用意しなければなりません。

    役所の窓口でなければ印鑑証明書はとれませんし、姓の変更があった場合や引越しで既に住民票を移してしまっている場合などは通常よりも提出書類が増えますから、先に担当者に確認しておくと良いでしょう。

    中古車屋に売ると決めたら先に書類を揃えておくのも良いかもしれません。

    中古車を売ってしまった後になって、瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)を盾にして買取金の減額もしくは契約の解除を通達されることがたまにあります。

    事故歴や故障歴を隠蔽して売却したのならば売却側に非があると言えるのですが、見積もり時に確認ミスがあったからであれば自分に非はないのです。

    買取業者が一方的に契約解除や買取額の減額などを迫ってくるときには、国民生活センターへ赴いて、車の売却でトラブルになっていると旨を相談してみるときっと良い方に解決するはずです。

    年間走行距離数1万キロメートルというのが、自動車業界が標準的だと考えている基準値です。

    しかし、あくまでも目安ですから、型式が古い自動車の場合には一般的には年間走行距離は少し短くなるのです。

    愛車を売ろうという場合にはできるだけ走行距離数が短い方が加点対象になります。

    でも、機械というものは定期的に動かしていないと何かしらの不具合が出てきやすいのです。

    その車の年式に対し走行距離数があまりにも短い場合には、見積もり時にあまり大きく加点されないのが現実です。

    自分が乗っていた愛車を売却する際には、できるだけ事前にきれいに掃除してから査定に出すことが大切です。

    きちんと掃除してから売った方が良い理由には2種類あります。

    一個目は、査定士に「このオーナーは車を丁寧に扱う人だ」と好印象を持ってもらえるからです。

    2つめは、車内にこびりついた汚れを落とすことでいやな臭いも少なくなるからです。

    ペット臭や煙草の臭いがする車は、具合がどの程度かにもよってきますが査定額に大きく影響すると考えて良いでしょう。

    嫌な臭いの原因になっているものは車内の汚れですから、丁寧にすみずみまで清掃することによってなるべく臭いのない車にすることが可能なのです。